16-9-16

保険見直しの時期

保険を見直すときには、更新時期が良いとされています。これは、更新時期になればハガキが来て、そこに現在の加入状況と解約する際の対応方法が記載されているので見直しの対応もスムーズにできるのです。また、私たちは日頃から保険の見直しをしたいと思っていてもなかなかする時間が持てないものです。

どうしても日々の生活の中ですぐに保険を利用する場面がないために、優先事項の後ろの方に回されがちです。更新時期であれば、期限が決まっているために集中してきちんと考えようと思えるのもメリットです。
更新時期に保険見直して他のものに切り替える際には新しい保険の開始日がきになるものです。

一般的には重複時期が出たとしても前の保険が満了となる前に新しい保険に加入しておくものです。重複を避けるために解約後に新しい保険に加入してしまうと、保険に加入していない期間ができてしまいその期間に怪我や病気をしてしまうと保障が受けられないためです。

また、保険の種類によっては、加入日から保険が適用されないものもあります。生命保険会社が契約上の責任を開始する日を責任開始日と言いますが、手続き後審査が通り保険料の払い込みが終わってからとされています。そのため解約日よりも早めに手続きを始めておくことで、保険未加入期間ができることを防げます。

16-8-22

保険見直しの内容

保険の見直しをする必要性として、節約のためということがよく挙げられます。これは、一般的に加入の際には多くの人が手厚い保障を受けられるように様々なオプションをつけており、見直しの際にこれらを外すことが多いために言われます。

確かにたくさんの保障が受けられたり受け取れる保険金が多いということは安心材料につながります。しかし、受ける保障が手厚くなればなるほど、支払う保険料は高くなるため家計を圧迫します。また、掛け捨てのものであれば、保障を受けなければ何の得もなくただ保険料を支払っただけで終わってしまいます。

最近は貯蓄型の保険も増えていますから、今まで保険の見直しをしてこなかった人は特に、掛け捨てのものと貯蓄型を上手に組み合わせて手元に帰ってくるお金のことも考えて保険を組むことがお勧めです。
では、保険を見直す際には具体的にどのような内容を注意してみればよいのでしょうか。まずは、保険が何の目的でどのような保障を受けたいかという内容を確認することです。

保険金の金額も誰の保険か、そして何に使うかということ、置かれている状況で必要額は変わってきます。世帯主の死亡保障であれば、残された家族が生活していくだけのお金が必要ですし、家族構成や自宅の種類、貯金額によっても必要な額が変わりますから、自分の置かれている状況に合わせて適切なものを選ぶことが重要となります。

16-8-9

保険見直しの必要性

最近、テレビや雑誌でよく保険見直しの必要性が言われています。保険と一言で言ってもその種類は豊富で、怪我や病気、死亡時のための医療保険や生命保険以外にも自動車保険、地震保険、火災保険など保険は様々種類のものが複数の保険会社から販売されています。私たちの多くは万が一に備えて保険に加入していますし、その保険の種類も一種類ではなく複数であることが多いです。

万が一の時に備えて様々なものに加入しておきながら、加入しておけば大丈夫と考えて保険の内容は覚えていないという人も多いですし、加入している保険の種類さえもきちんと記憶できていないという人もいるものです。私たちの生活環境というのは日々変化します。結婚や出産に伴って家族構成も変わりますし、仕事や給与の状態も常に同じとは限りません。また、社会情勢によっては自分の勤め先や加入している保険会社が合併したり倒産したりすることもあります。

このように日々様々な形で私たちの生活環境は変化しており、加入しておくべき保険と受けるべき保障というのは常に変わるものなのです。そのために、定期的に保険の加入内容を見直して自分と家族にあったものに変えることで、万が一の時に本当に役立つ保険となるのです。そして、見直しをすることは、保険の内容を適切にするだけでなく家計の見直しや保険料の節約にもつながるというメリットもあります。

関連サイト【保険見直しでご家族を応援します | かぞくのみかた

そこで、ここでは保険見直しを行うにあたって多くの人が悩む見直す際のポイントや、解約と新しく保険に加入する際に開始時期をどのようにしたらということを紹介していきます。